eFundEVの川嶋です。

先日、ちょうど額の上あたりに10cm大の柁円の円形脱毛ができている夢を見ました。お化けの夢を見るよりよっぽど怖かったです(笑)
夢占い診断サイトで検索してみたら、
この夢は、あなたに注意を促しています。あなたの行動に何らかの問題点があるようです。
本当にしたいことや欲しいものを手に入れるための努力を怠っていたり、諦めていたり、妥協していたりと、本心ではない方向に進んでいませんか?
面倒なことは避けて安易で楽な方を選んでいたり、気を抜いていませんか?潜在意識からうまれる夢は、あなたが幸せになるためのヒントを与えてくれます。道から外れていると元に戻そうと知らせてくれます。この夢も、あなたが幸せになるための注意信号です。潜在意識は、改善するようにと注意を促しています。何か改めなければいけないことがあるはずです。物事への取り組み方や生活態度を再確認してみましょう。ですって・・・前向きに捉え一歩踏み出してみることにしました!

私の夢はさておき、いよいよ今回から本題に入ります。
今回はこちらです。
久々にへーた作の資料に戻りました。サンプルで使われている目論見書はセゾン投信株式会社の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(http://www.saison-am.co.jp/fund_g/index.html)」です。

資料の右側に青字で書かれているように、この項目についてはファンドによって記載内容や書式が最も異なります。

例えば、eFundEvで紹介している4つのファンドを例にあげてみると

たった4ファンドなのに結構違いがありますね。
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドhttp://www.saison-am.co.jp/pdf/prospectus1.pdf)は長期投資で世界30ヶ国以上の株式と10ヶ国以上の債券に投資することでリスクを分散しているファンドオブファンズ。
SMT グローバル株式インデックス・オープンhttp://www.smtam.jp/fund/pdf/_id_140834_type_k.pdf)はMSCI コクサイ・インデックスに連動する日本を除く世界の主要国の株式を主要投資対象とするファミリーファンド。
JPM ザ・ジャパンhttps://www.jpmorganasset.co.jp/jpec/ja/fund/info/844000/pdf/prospect_844.pdf)は利益成長が高く株主を重視した経営を行っている企業で、かつ、その状況が株価にまだ反映されていない企業を中心に投資を行うファミリーファンド。
MV20http://www.am.mufg.jp/pdf/koumokuromi/150344/150344_20120912.pdf)は複数のファンドに投資しベンチマークを中長期的に上回ることを目指すファンドオブファンズ。

表紙の商品分類や属性区分でもある程度はわかりますが、ここにはより詳細情報が書かれています。
◆どの国・地域に投資するか→先進国に多く投資しているのか、新興国にも投資しているのか?
・・先進国に投資していれば安定しているかもしれません、しかしギリシャのように経済状態が急に悪化する場合もあります。一方、新興国はこれから飛躍的な成長をするかもしれないという期待が持てますが、情勢不安や為替レートの変動が激しいなどの要素があります。
◆何に投資するか→投資している物はハイリスク・ハイリターンなのか、ローリスク・ローリターンなのか?
・・・株、債券、ファンド、先物等、投資先は多種多様です。株や先物等は比較的ハイリスク・ハイリターン、債券はローリスク・ローリターン、ファンドはそこに組み入れられているものによりけりです。
◆インデックスかアクティブか→ベンチマーク(運用目標指数)と同じ動きをするのか、上回る動きをするのか?
・・・インデックスは基準価額の推移だけでなく変動率(収益率)が同じ波形を目指すもの、これを上回る波形を目指すものがアクティブです。インデックス型のメリットは、運用効率が良い、手数料(信託報酬)が安い、長期投資をするならアクティブ型より運用成績が良くなること等があげられます。一方、アクティブ型は相場の平均より良い運用成績を目指しますから、大きなリターンを得られる可能性があることが最大のメリットです。
◆ベンチマークは何か→日経225なのかTOPIXなのか、それとも海外の指数なのか?
・・・この指数の細かい中身はよくわからないので、過去のデータからどのような動きをしているか、その指数に組み込まれている金融商品はどんなものなのか、その程度は確認したいものです。

このページではこういったファンドの特徴を見ておくことをお勧めします。

購入した後で、知らなかったー、そんな投資したくなーいーってことになって、やっぱり解約なんてことにならないように注意しましょうね。必ずしも購入金額より高い基準価額で解約できるとは限りませんし、手数料(信託財産留保額)がかかってしまいますから。。。

では、次回もお楽しみに!

<目論見書読みこなし隊>*****************************************************
①目論見書を読んでみよう http://www.efundev.com/blog/archives/350
②目論見書とは? http://www.efundev.com/blog/archives/423
③交付目論見書と請求目論見書 http://www.efundev.com/blog/archives/454
④表紙を見てみよう http://www.efundev.com/blog/archives/461
⑤商品分類 http://www.efundev.com/blog/archives/471
⑥属性区分(投資対象資産・決算頻度) http://www.efundev.com/blog/archives/569
⑦属性区分(投資対象地域) http://www.efundev.com/blog/archives/582
⑧属性区分(投資区分) http://www.efundev.com/blog/archives/642
⑨属性区分(為替ヘッジ、対象インデックス) http://www.efundev.com/blog/archives/682
⑩属性区分(特殊型-ブルベア型・条件付運用型) http://www.efundev.com/blog/archives/749
⑪属性区分(特殊型-ロング・ショート型・絶対収益追求型・その他) http://www.efundev.com/blog/archives/851
⑫ファンドの目的・特色  http://www.efundev.com/blog/archives/855
***************************************************************************

よろしければこちらもポチっと。投信人気ブログランキング♪
http://blog.with2.net/rank2009-0.html

Facebookとtwitterもよろしくお願いします♪
http://www.facebook.com/eFundEv
http://twitter.com/eFundEv

Share →