eFundEVの川嶋です。

先日は関東で大雪が降り大変でしたね。外出の予定があったので駅まで行ったのですが、そこまでで力尽きてしまい引き返してしまいました(笑)インフルエンザも流行しはじめているようなので体調に気をつけましょう♪
ちなみに、私は風邪で熱を出したことがありません。だからインフルエンザの予防接種も受けていません!!
ナントカは風邪ひかない・・・っていう話もありますが。。。

さて、お待たせしました『第2回、第3回へーたの目論見書読みこなし隊』の続きです。
今回も「属性区分」について書きます。

投信協会が定めた属性区分は、『投資対象資産』『決算頻度』『投資対象地域』『投資形態』『為替ヘッジ』『対象インデックス』『特殊型』の7つです。各分類のうちどれに該当するかを目論見書に記載しています。
但し、「投資形態」「為替ヘッジ」「対象インデックス」「特殊型」については該当する場合のみ記載することになっていますので、ファンドによって記載内容が若干異なります。

さてさて、今回は投資形態。

【投資形態】
この区分はファンドに投資して収益を上げる商品の場合に、ファミリーファンドまたはファンド・オブ・ファンズのどちらに該当するかが記載されます。

『ファミリーファンド』とはマザーファンドと呼ばれる投信信託に対してベビーファンドと呼ばれる投信信託から投資し、そのベビーファンドに投資家が投資する運用方式のことです。『マザーファンド』は親投資信託とも呼ばれ、複数のベビーファンドの資金を集めて合同運用するためのファンドのことをいいます。『ベビーファンド』は投資家から集めた資金をマザーファンドに投資しています。よってマザーファンドの運用成果がベビーファンドに分配され、ベビーファンドから投資家に分配される仕組みとなっています。ファミリーファンド形態をにすることで、複数のファンドの資産をまとめることができ、効率的かつ合理的な運用や、売買コストの削減ができます。投資家はマザーファンドを直接購入することはできず、そのマザーファンドに投資している複数のベビーファンドの中から、自分のライフスタイルに合うベビーファンドを購入します。ファミリーファンド形態のベビーファンドは、決算回数が違うものや、組み入れ比率が違うものなどがあります。(ベビーファンドは複数のマザーファンドに対して投資ができます)マザーファンドは、投資家が直接購入できないため、信託報酬を投資家から徴収できません。よって、ファミリーファンド形態は原則的に同じ運用会社のマザーファンドとベビーファンドでの形態となります。

この図の例では、Aファンドをマザーファンドとする、Aファンド毎月分配型やAファンド年1回決算型のベビーファンド、AファドとBファンドの組み入れ比率が異なるAファンド20やAファンド40(ここではAファンドの比率が20%、40%を仮定)等といったベビーファンドを自分のライフスタイルや好みによって投資家は選択できます。
 

 

 

『ファンド・オブ・ファンズ』とは集めた資金を株や債券ではなく、投資信託に投資する運用方式のことです。ファミリーファンド形態とは違い、他の運用会社が運用するファンドに投資することが可能です。この投資先のファンドは投資家も購入が可能なファンドのため、信託報酬が二重でかかることになります。
ファミリーファンドの形態で、マザーファンドがファンド・オブ・ファンズのケースがあります。この場合は「ファンド・オブ・ファンズ」で表記されます。

ファミリーファンド形式では、投資家が投資するファンドは同じ投信会社のマザーファンドに投資するものでしたが、ファンド・オブ・ファンズでは必ずしも同じ投信会社のファンドとは限りません。
投資先のファンドに直接投資することもできますが、そのファンドが海外の投信会社が運用している場合は、個人で投資するのはなかなか難しいので、この形態だと投資しやすいですね。

 

 
どちらもファンドに投資するという点は同じですけど、結構違いがありますね。
投資信託って知れば知るほど奥が深いです。。

では、次回もお楽しみに!

<目論見書読みこなし隊>*****************************************************
①目論見書を読んでみよう http://www.efundev.com/blog/archives/350
②目論見書とは? http://www.efundev.com/blog/archives/423
③交付目論見書と請求目論見書 http://www.efundev.com/blog/archives/454
④表紙を見てみよう http://www.efundev.com/blog/archives/461
⑤商品分類 http://www.efundev.com/blog/archives/471
⑥属性区分(投資対象資産・決算頻度) http://www.efundev.com/blog/archives/569
⑦属性区分(投資対象地域) http://www.efundev.com/blog/archives/582
⑧属性区分(投資区分) http://www.efundev.com/blog/archives/642
***************************************************************************

よろしければこちらもポチっと。投信人気ブログランキング♪
http://blog.with2.net/rank2009-0.html

Facebookとtwitterもよろしくお願いします♪
http://www.facebook.com/pages/eFundEv/257662130990928
http://twitter.com/eFundEv

Share →