eFundEvの川嶋です。

以前から気にはなっていたふるさと納税ですが、なんとなく気が向かずやっていませんでした。

ふるさと納税することで結構メリットはありますね。
・好きな地域に納税できる
・お礼の品がもらえる(地域の特産品から宿泊券までいろいろ)
・2000円以上~控除上限額未満の納税で、2000円を超える金額が所得税や住民税から控除される(年間50,000円を納税したら48000円の控除が受けられるということです)
・自治体がどのようにお金を使うか選択できる
・複数地域に納税できる

2015年4月の制度改正で、ワンストップ特例制度対象者は確定申告の必要がなくなったため、より身近になっています。

なんで私の気が向かなかったかというと、納税してもらうためにお礼の品競争みたいになっていたからです。納税する側にとってみれば、実質2000円で魅力的な特産品などが貰えてラッキーだとは思います。
でも、なんか腑に落ちないんですよね。
みんなが地方に納税して住民税の控除を受けたら、今住んでいる都市部の財政はどうなってしまうのか?なんて思ったりして。どうにかなるんでしょうけど。

なんて言いつつ、確定拠出年金で住民税減税の恩恵を受けているのですが…

最近では、熊本地震の寄付として利用できるとあって利用者が急増していますね。
これは大賛成です。どこかの団体を通じて寄付するより、自治体に直接寄付できるのは安心感があります。
いよいよ、私もふるさと納税デビューですかね。

Share →